結納金と結納金の半返し

結納金のマナーで一番気になるのが、いくら包めばよいかということではないでしょうか。通常はキリの良い金額にしているところが多いようですね。

50万円、70万円、100万円あたりが常識的な結納金のようですね。また半返しといって結納金の半額程度を目安に、贈られた結納金に対してお返しをするのが一般的ですね。最近ではこのような半返しを省略してお互いに納得した上で結納金の金額を決める場合も増えています。

結納金を含めて結納が終わってからは、両家で食事をするのが普通になっていますね。以前は男性側が結納金や結納品を贈って女性側の家で食事をするのが普通でしたが、最近ではレストランなどで食事をするケースが増えています。

これは、住宅事情、食器の事情や準備・後片付けなどを考えると非常に合理的で良いと思いmすね。この時の食事の費用については両家で折半するのが一般的ですね。

ただし、一応は女性側がお金を支払って、男性側が女性側に食事の費用の半額を渡しているケースが多いようです。

最近の結婚式が人前結婚式や、結婚式場を使わずにレストランなどで行うような傾向があるように、結納も省略するケースが増えています。

このように結納を省略するケースでは当然結納金も省略されているようですね。どちらが良いかという問題ではなく、これから結婚しようとする2人に考え方を最も尊重した上で、両家で話し合って決めるのが一番ではないでしょうか。

結納金があまり負担にならないように注意しましょう。また、結婚する2人と両家の家族が遠方で暮らしている場合には結納金の半返しも難しい場合があったりします。この結納金や結納金の半返しについてはお互いに納得の出来る範囲で相談して決めてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。